独身男の暇つぶしブログ

現在、アラサーニートが公務員試験に合格するまでの過程を記録しています。

民間企業に転職した元公務員が教える「出世する公務員」とは?

f:id:keito1031pome:20171113224632j:plain

こんばんは、けいです。  

今回は、民間企業に転職した元公務員として、「出世する公務員」とは、どのような人なのかお話ししたいと思います。

私が公務員として働いていた時のことや、民間企業に転職して気付いたことなどをまとめてみました。

大企業で働いている人にも通じる部分があるかもしれません。

 

1 出世する・しない?チェックシート

※ YES・NOで答えて下さい。

1 ムダだと思う残業をすることがある。

2 上司への接待は万全だと思う。

3 異動して、最初の半年は意識して仕事を頑張っている。

4 上手く仕事の手を抜いて、余裕を持つようにしている。

5 自分より仕事のできない人を周りに作っている。

 

この問いに全てYESと答えた方は、公務員なら間違いなく出世します。

ただ、人格的には問題がある可能性が高いです。

 

以下、解説していきます。

 

1 ムダだと思う残業をすることがある。

 ○解説

まず大前提ですが、公務員に目に見える仕事の成果というものはありません。

基本的には、前年踏襲の決まりきった仕事をします。

そのため、公務員は仕事の成果で評価されることがほとんどありません。

ムダだと思う残業をするということは、上司が帰っていなくて帰れなかったり、他の人が忙しそうにしているから帰れなかったりといった事情があるのでしょう。

仕事の成果を評価されない公務員において、楽していると評価されないようにムダな残業で仕事をしているように見せることは、出世する上で大切なことです。

さらに残業時間を増やして、仕事をしているイメージをもっと付けましょう。

 

2 上司への接待は万全だと思う。

○解説

仕事の成果で評価されない公務員が出世するためには、上司にごまをする必要があります。

通常、公務員の人事は、担当する業務の達成目標やその目標の達成状況を自らが申告し、課長等と面談を行って、その評価がなされます。

ただ、あくまでこれは「建前」です。

自己申告票の記入は、皆がマニュアルに従って同じように書いていますし、課長等が行う面談も形式的なものです。

公務員として出世するためには、このような形式的なものではなく、いかに人事評価者である課長等に気に入られるかにかかっているのです。

接待は、飲み会だけではありません。少し特別なお土産を渡したりして気に入られるよう努力しましょう。

 

3 異動して、最初の半年は意識して仕事を頑張っている。

 ○解説

上司にごまをするだけでは、出世は出来ません。

上司から仕事振りを評価されなければなりません。

異動してきた最初の半年は死に物狂いで仕事を覚えましょう。

前任の引継書を読んで自分の担当の仕事を覚えるだけではなく、同僚や上司が担当している仕事についても積極的に聞いて学びましょう。

最初の半年は、どんなつまらないことを聞いても許してくれます。

また、公務員は仕事の割り振りがしっかりしているので、他の人の仕事のやり方について学ぶような意識の高い人がいません。

そのため、自分の担当する仕事以外のことについても興味を持つふりをすると、上司から仕事に前向きに取り組んでいると評価されます。

※ イメージをつけるだけで良いので、半年経ったら止めて構いません。

 

4 上手く仕事の手を抜いて、余裕を持つようにしている。

○解説

少し仕事に慣れてきたら、ムダだと思う仕事については手を抜いて余裕を持ちましょう。

遊ぶためではありません。

上司から突発的に仕事を頼まれることに備えるためです。

上司からの本当の評価は、誰もがやっている通常の仕事を真面目にこなして得られるものではありません。突発的に仕事が発生した時に、速やかに仕事を処理することで上司からの評価は高まるのです。

突発的な仕事を頼まれない場合は、パソコンの共有ファイルから上司のフォルダを探して、上司がどのような仕事をしているのか把握しておきましょう。

もちろん、上司が暇な時に、さりげなく「上司が今している仕事ってこんな仕事ですよね?」と聞かなければなりませんよ。

上司は、仕事の聞き耳を立てている勉強熱心な部下が大好きなのです。

 

5 自分より仕事のできない人を周りに作っている。

○解説

ここまでは、私も流石にしませんでした。(本当です。)

ただ、これを意識的に行うと、評価はされやすいように思います。

結局、人事評価とは、自分とその周りにいる人との比較なので、意識的に他の人が自分より仕事ができないように見せることは効果的です。

後輩に仕事を教えず無能に仕立てるという荒技もあります。

※ これをやると屑です。公務員には多分いないと思います。

 

まとめ

 

結局、公務員として出世するのは、

上司に取り入るのが上手くて、仕事ができるイメージを周りにつけやすい人

です。

本当にどれだけ仕事を頑張ったとか、同僚や部下から人気があってもあまり関係ありません。

 

出世に貪欲な人は、以上のことを気にかけてみてはいかがでしょう。

 

まあ、このような人間が評価される人事評価だからこそ、世間ズレした使えない公務員が多いのかもしれませんね。

 

 

www.himatsubushi-blog.com