独身男の暇つぶしブログ

現在、アラサーニートが公務員試験に合格するまでの過程を記録しています。

【川崎編】温泉スパ大好き人間が選んだ!電車で行けるおすすめのスーパー銭湯を紹介するよ。

 

今回は、温泉・スパ巡りが大好きな私が選んだ川崎のおすすめスーパー銭湯を紹介します。

以下の5項目を踏まえて独断と偏見で選びました。

1 温泉の質

ただの水に浸かるなら家の風呂で充分。天然温泉でなければ対象外。

 2 アクセスのしやすさ

電車・バスでは行けない所と都心から極端にアクセスの悪い所は対象外。

3 施設設備の充実具合

魅力のある施設かどうか。

4 コストパフォーマンス

料金に見合う満足度を提供しているか。

5 リラクゼーションスペース

居心地が良くてくつろげる場所かどうか。

 

宮前平源泉 湯けむりの庄

電車で行ける駅近の高級スパと言えばココ!

田園都市線1本で楽々行ける居心地の良いスパ

f:id:keito1031pome:20171210203937j:plain

f:id:keito1031pome:20171210203928j:plain

f:id:keito1031pome:20171210203957j:plain

 

1 温泉の質

f:id:keito1031pome:20171210204207p:plain

f:id:keito1031pome:20171210204416p:plain

日本初の炭酸琥珀湯や黒湯の天然温泉を堪能することができます。

また、つぼ湯やうたた寝湯など様々なタイプの温泉を味わえるのも良いところです。

 

2 アクセスのしやすさ

f:id:keito1031pome:20171210204558p:plain

アクセスは、田園都市線「宮前平駅」から徒歩4分と好立地にあります。

宮前平駅には快速・準急は停まらないので、各駅停車に乗りましょう。

 

3 施設設備の充実具合

f:id:keito1031pome:20171210205749j:plain

f:id:keito1031pome:20171210210022j:plain

f:id:keito1031pome:20171210205826j:plain

f:id:keito1031pome:20171210210031j:plain 

 施設は、同じ系列の綱島源泉と似ていて高級ホテルのような内装です。

綱島源泉の方が最近できたこともあってゴージャスですが、宮前平源泉にもまた落ち着いた良さがあると思います。

 

4 コストパフォーマンス

f:id:keito1031pome:20171210210305p:plain

入館料は平日で1,240円と普通ですね。

 深夜割料金もそこまでお得ではないので、平日に普通に行けば良いと思います。

 

5 リラクゼーションスペース

f:id:keito1031pome:20171210210638j:plain

f:id:keito1031pome:20171210210621j:plain

リラクゼーションスペースは地下にもあるので席数は多い方だと思います。

漫画は少ないですが、駅近の割に綱島源泉の様にジムが併設されていないので、土日祝もそこまで混まない所が良いですね。

 

宮前平源泉湯けむりの庄を一言で言うならば、穴場の高級スパです。

ツイッターで混雑状況が確認できるので、行く前には確認しておきましょう。

宮前平源泉 湯けむりの庄 (@yu_miyamaedaira) | Twitter

yukemurinosato.com

 

縄文天然温泉 志楽の湯

コスパにこだわるならココ!

珍しくて良質な天然温泉を楽しもう。

f:id:keito1031pome:20171210211642j:plain

f:id:keito1031pome:20171210211730j:plain

f:id:keito1031pome:20171210211741j:plain

 

1 温泉の質

f:id:keito1031pome:20171210211919p:plain

f:id:keito1031pome:20171210211930p:plain

f:id:keito1031pome:20171210211945p:plain

志楽の湯では、都心では珍しい「高膨性泉」を楽しむことができます。

この地域の天然温泉は黒湯が多いのですが、ここの温泉では黒湯とは違った高濃度の温泉を味わうことができます。

珍しい源泉なので、温泉を楽しむだけでも訪れる価値は絶対にあります。

 

2 アクセスのしやすさ

f:id:keito1031pome:20171210212337p:plain

アクセスは、JR南武線「矢向」駅から徒歩6分なので悪くはないです。

東急東横線「武蔵小杉駅」か東急田園都市線「溝ノ口駅」でJR南武線に乗り換えましょう。 

  

3 施設設備の充実具合

f:id:keito1031pome:20171210212726p:plain

コンセプトは、「日本人が失ったげん氣を取り戻す場所」

高級スパのような綺麗さはないですが、古く歴史ある旅館のような暖かみが感じられます。

 

f:id:keito1031pome:20171210212920p:plain

f:id:keito1031pome:20171210212936p:plain

ここのスパでは、「高膨性泉」の天然温泉を楽しみましょう。

他のスパとはひと味違う高濃度の温泉に驚くと思います。

  

4 コストパフォーマンス

f:id:keito1031pome:20171210213206p:plain

入館料は平日880円と安いですね。

ただ、他のスパには入館料に含まれている館内着やタオルセットが別料金なので注意しましょう。

 

5 リラクゼーションスペース

f:id:keito1031pome:20171210213440p:plain

リラクゼーションスペースは正直イマイチです。

1日中過ごすと言うよりも、数時間滞在して高濃度の珍しい温泉に入るというのが良さそうです。

 

縄文天然温泉志楽の湯を一言で言うならば、コスパの良くて温泉の質が良いスパです。

こういうスパは、1人で気軽に行くのに良いですよね。

縄文天然温泉 志楽の湯

  

バリ風天然温泉 スパリーブル横浜

※ 川崎駅からの方がアクセスが良いので川崎編で紹介します。

横浜なのに川崎駅からのアクセスの方が良い?

南国リゾートの気分を味わいたい時にオススメのスパ

f:id:keito1031pome:20171210214409j:plain

f:id:keito1031pome:20171210214421j:plain

f:id:keito1031pome:20171210220241p:plain

 

1 温泉の質

f:id:keito1031pome:20171210214659p:plain

f:id:keito1031pome:20171210214630p:plain

f:id:keito1031pome:20171210214717p:plain

f:id:keito1031pome:20171210214732p:plain

スパリーブルでは、バリ風の内装の中で黒湯の天然温泉を楽しむことができます。

屋上フロアの足湯は、カップルでも一緒に楽しめるのが良いですね。

 

2 アクセスのしやすさf:id:keito1031pome:20171210215027p:plain

f:id:keito1031pome:20171210215324p:plain

電車だけで行けないので、アクセスは悪いですね。

ただ、バリ風リゾートに行くためにはしょうがないことなのかもしれません。

無料のシャトルバスを利用しましょう。

バリ風スパ・リブールヨコハマ » アクセス

 

3 施設設備の充実具合

 

f:id:keito1031pome:20171210215546p:plain

f:id:keito1031pome:20171210215601p:plain

女性向けの施設なので男性が1人で行っても居心地は良くないでしょう。

カップルにオススメのスパだと思います。

  

4 コストパフォーマンス

f:id:keito1031pome:20171210215712p:plain

入館料は1,380円と普通ですね。

一応横浜にあることを考えると安いほうかもしれません。

6時間制限なので注意しましょう。

  

5 リラクゼーションスペース

f:id:keito1031pome:20171210220726p:plain

リラクゼーションスペースはそこまで広くはありません。

ただ、そんなに混雑していないので、この広さで十分だと思います。

 

スパリーブルを一言で言うならば、女性向けのオシャレな南国スパ空間です。

バリ風のスパは珍しいので、1度行ってみても良いと思います。

www.libur.co.jp

 

溝口温泉 喜楽里

溝口は温泉だけじゃない!

温泉に入った後は駅周辺の居酒屋へ飲みに行こう。

f:id:keito1031pome:20171210221914j:plain

f:id:keito1031pome:20171210221931j:plain

f:id:keito1031pome:20171210222046j:plain

 

1 温泉の質

f:id:keito1031pome:20171210222215p:plain

f:id:keito1031pome:20171210222218p:plain

喜楽里では、「美人の湯」や「美肌の湯」と言われている天然温泉を源泉掛け流しで楽しむことができます。

 

f:id:keito1031pome:20171210222425p:plain

内湯も古い感じが歴史を感じるようで雰囲気がいいと思います。

 

2 アクセスのしやすさ

f:id:keito1031pome:20171210222546p:plain

バスを使わないといけないので、アクセスは悪いです。

溝の口駅南口の東急バス⑤番乗り場「蟹ヶ谷」行きに乗って「橘小学校」で降りましょう。

ただ、溝の口駅周辺は飲屋街で、安い居酒屋も多いので、帰りに1杯やっていくのがオススメです。

f:id:keito1031pome:20171210222914j:plain

takam0.hatenablog.com

  

3 施設設備の充実具合 

f:id:keito1031pome:20171210223221p:plain

施設は良い意味でも悪い意味でも普通です。

ただ、ここは温泉に力を入れているので、その他はこれくらいで十分だと思います。

ゲームコーナーがあるのは珍しいですね。

 

4 コストパフォーマンス

f:id:keito1031pome:20171210223544p:plainf:id:keito1031pome:20171210223629p:plain

入館料は平日820円とかなり安いですね。

ただ、レンタル用品が別途かかるので、タオルは持っていくようにしましょう。

 (※ 70円と安いので手ぶらで行っても良いかもしれません。)

  

5 リラクゼーションスペース

f:id:keito1031pome:20171210224147p:plain

f:id:keito1031pome:20171210224151p:plain

リラクゼーションスペースは料金のことを考えたら十分です。

ただ、そんなに長居はできないと思います。

  

溝口温泉 喜楽里で一言で言うならば、居酒屋呑み+天然温泉の王道スパです。

バスで行くのは面倒ですが、溝の口駅周辺には安くて美味しい居酒屋がいっぱいあります。

喜楽里で天然温泉を楽しんだ後は、焼き鳥をツマミに1杯やってみてはいかがでしょうか。

www.yurakirari.com

 

有馬療養温泉旅館

川崎の秘湯

温泉をただ楽しむためだけに行きましょう。

f:id:keito1031pome:20171210224817j:plain

f:id:keito1031pome:20171210224841j:plain

 

1 温泉の質

f:id:keito1031pome:20171210225052p:plain

f:id:keito1031pome:20171210225240j:plain

この源泉を一目見ていただければ説明は不要だと思います。

 

2 アクセスのしやすさ

f:id:keito1031pome:20171210225448p:plain

f:id:keito1031pome:20171210225450p:plain

f:id:keito1031pome:20171210225452p:plain

f:id:keito1031pome:20171210225453p:plain

バスを利用しないといけないので、アクセスは良くありません

東急田園都市線「鷺沼駅」から、バスを利用するのが一番わかりやすいと思います。

  

 

3 施設設備の充実具合

f:id:keito1031pome:20171210225722p:plain

こじんまりとした旅館なので、他のスーパー銭湯と比較しては行けません。

休憩室も狭いので、長時間滞在すると言うよりも、温泉に浸かるためだけに訪れた方が良いでしょう。

 

4 コストパフォーマンス

f:id:keito1031pome:20171210230042p:plain

入館料は1200円なのでめちゃくちゃ高いです。

 また、2時間と時間制限もあります。

 

5 リラクゼーションスペース

2時間と時間制限もあり、休憩室も狭くて宿泊者と同じスペースなので、ここではリラクゼーションは期待できません。

 

こちらの記事をご覧いただければ、ここがどのような場所なのかイメージできると思います。

sanaefujii.com

  

有馬療養温泉旅館を一言で言うならば、温泉の質に特化したスパです。

 温泉の質以外に特筆すべきところはありません。

ただ、温泉の質が凄いです。

都心部でこの品質の温泉に入れるのは珍しいので、温泉マニアの方は是非1度訪れてみて下さい。

www.arimaonsen.jp